簡単な注射で皺も消える!?ボトックスの効果とは

ボトックスとは一体何か?

最近美容外科の世界でもその名前を聞く様になったボトックス。ボトックスとはボツリヌス菌の中から得られる特殊なタンパク質の一種で、これを皮下に注射するとそこの神経に刺激を与え反応させる神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を阻害し、皮下に軽い麻痺症状を起こさせます。元は顔面痙攣といった症状に対する薬として活用されてきた経緯を持ち、神経内科に通った経験のある人ならその名前を知っている人もいるのではないでしょうか。

ボトックスは皮膚の皺取りにも大変有用に

法令線を始めとした顔面の強い皺は、主に表情を形作る表情筋の動きによってもたらされるものです。この動きをあえてボトックスを定期的に注射する事によって継続的に麻痺させる事により、それらの皺を目立たなくさせるというのがボトックス治療法のコンセプト。治療自体、皮下を大掛かりに切開するという事は全く無く、ほぼ注射のみによる治療となりますから、皮膚に大きな傷を作る事もなく安心ですよね。もちろん治療時間も非常に短いものですから、生活や仕事・プライベートへの干渉も少なくて済む訳です。

ボトックスの薬剤としての安全性は?

各美容外科の皺治療に用いられているボトックス薬剤の多くは輸入品となりますが、その大半は生産国における厳重なテストの上で認可を受けたものばかりであり、その旨をしっかり表記している美容外科であれば安心して治療を受ける事が出来るでしょう。もちろんその効果については個人差がありますから、治療前のカウンセリングでそれらも含めじっくり打ち合わせ納得する事が大事ですよね。また前述の通り効果の完全な持続を図る為に定期的な注射が必要となりますから、口コミにて施術(注射)に対する不満の無い美容外科を選ぶ事もまた大事でしょう。

ボトックスはメスを使わずにできる効果的な治療法でシワや多汗症、花粉症の症状軽減治療などに用いられます。