虫歯予防だけじゃない!コンポジットレンジで美しい歯のままに

治療痕が残らない治療法があるんです

虫歯の治療をした後、あまり口を開きたくないと思ったことはありませんか。鏡で口の中を見ると妙に目立ってあまり格好が良くないと思ってしまい、虫歯になってしまったことを宣伝しているようで見られたくないものですよね。そして、新しく虫歯ができてしまっても、これ以上詰め物をされたくないとばかりに歯医者に足が向きづらい気がしてきまいます。でも、今では歯科医療も随分進歩してきていて、虫歯治療をしても全く目立たない方法があるんです。

コンポジットレジンという新素材

コンポジットレジンとは歯科医療用に開発された樹脂素材です。金属ではなく歯に近い色合いの素材であるため、たいへん目立ちにくいため注目を集めています。利点は多く、例えば従来の詰め物であれば随分と歯を削られたものでしたが、コンポジットレジンの場合はこれが最小限で済みます。これは樹脂を充填して固めるという治療法をとるため、金属製の詰め物の場合と違い隙間ができないようにと接地面の形を整える必要がないためです。また、接地面に隙間ができないため詰め物の下で再度虫歯が進行する心配がありません。

美容の用途にも使われています

扱いやすく目立たない素材ですので虫歯治療だけでなく欠けた歯やすきっ歯などを整えるような用途にも利用されています。樹脂の凝固がコントロールできる素材であるため、歯を包むようにしたりすることができるためです。変色してしまった歯でもそれに合わせて色合いを変えることもできるようですが、虫歯の治療からは遠ざかった用途の場合、保険が適用されない可能性があります。歯医者にかかる際にはまずどのような施術ができて保険や料金がどうなるのかを確認してみましょう。

オールセラミックに使われるセラミックは、プラスチックや金属のように腐食・劣化しないため、耐用年数が長いことが大きな利点です。